slide16

蛋白抗原、合成ペプチド等をお預かりして、ニーズにマッチした抗体を作製いたします。 
          


標準工程表

Action 1

抗原(ペプチド、タンパク抗原)をお預かりし、免疫スケジュールのご案内を致します。
その後、免疫前採血を実施し免疫を開始致します。

Action 2

5週目・7週目に試験採血及び力価測定を実施し、サンプルを送付致します。
抗体価が低い場合には追加免疫の検討を行います。

Action 3

8週後、全採血のご案内及び追加免疫のご提案をさせて頂きます。

Action 4

抗血清の納品をさせて頂きます。

オプション

1、アフィニティー精製(プロテインA.G.抗原結合カラム)
2、抗体への各種装飾
※その他、何でもご相談ください。

63日プロトコール

標準投与量(皮内) 5回免疫
ELISA測定用 0.1mg(1羽当り)
ウサギ・ニワトリ 初回:0.15mg 2回目~:0.3mg
モルモット・ラット 初回~:0.1mg
マウス 初回~:0.05mg
ヤギ・ヒツジ 初回:0.25mg 2回目~:0.5mg

42日プロトコール

標準投与数(皮内&静注) 6回免疫 (0.75mg)
ELISA測定用 0.1mg(1羽当り)
ウサギ・ニワトリ 初回~3回目:0.2mg 4回目~:(iv)0.05mg