イムノプレートリーダーがない場合の判定方法

 

イムノプレートリーダーがない場合の判定方法

■分光光度計を用いての吸光度測定

通常の分光光度計を使用して吸光度を測定し、イムノプレートリーダーとの比較を検討した。

イムノプレートリーダー;生化学工業㈱ SK603
分光光度計;日立 U-2000
マイクロセル 0.7mL (45x12.5x2)光路長 10mm

マイクロ
セル
イムノ
リーダー
0.284 0.247
0.260 0.235
0.453 0.416
0.528 0.503
0.646 0.605
0.771 0.625
0.779 0.634
0.845 0.829
0.912 0.720
1.360 1.029
1.461 1.250
1.848 1.536
2.211 1.835
マイクロセルとイムノリーダー値との相関

イムノリーダーはプレートのウェルに入れた液量の、増減による光路長変動の補正を行なわないので、分光光度計との吸光度の値に差異が生じております。
相関は 0.989と良好な結果を示した。

通常、測定総液量310μL/ウェルで測定する場合、0.7mL用マイクロセルを使用して測定してください。
ただし、分光光度計の機種によって光路が液面より上方を通るものもありますので、測定が可能か確認を行なってください。

また、倍容量の1.4mLセミマイクロセルを用いて、2ウェル分を混和してでの測定は、本試験溶液の粘性が高いため、混和時によどみが生じ、再現性がよくありません。
0.7mL用マイクロセルを使用して1ウェルごとに測定してください。

■専用カラーインデックス使用しての測定

目視で陽性又は陰性の判定を行えるよう、対照および試料吸光度の読み取りの参考になるように、カラーインデックスを作製いたしました。
ご希望の際はキット購入時に代理店又は弊社(TEL:0270-20-8571)までご連絡ください。
無償にてご提供いたします。

[ 使用方法・注意 ]
  1. 表示されている線に沿ってハサミで、6枚に切り取ってください。
  2. 測定するプレートをコピー用紙などの白い紙の上に、置いてください。
  3. 測定したいウェルの隣において、目視で判定してください。
         なお、もう1枚を挟み込むようにして、スライドして比較すると判定しやすくなります。
  4. 大まかに 0.2, 0.3, 0.4 ・・・ 程度に読み取ってください。
  5. イムノリーダーや分光光度計がない場合において、目視で陽性または陰性の判定を行なえるよう対照および試料吸光度の読み取りの参考になるように、作製いたしました。
    よって、あくまで目視での読み取りですので、カラーインデックスの吸光度の表示値に対しての色調を保証することはできません。何卒、ご理解のもと、ご使用ください。
  6. 陽性判定は溶媒対照吸光度の2倍以上を示した場合ですので、溶媒対照吸光度の読み取りが0.8を超えた場合は、このカラーインデックスを用いての判定は不能となります。
  7. ウムラックAT キットの仕様に合わせて作製しておりますので、それ以外に使用しないでください。
  8. 材質は紙ですので、使い捨てとしてください。
[ 使用例 ]

専用カラーインデックス使用例

目次へ戻る