試料の採集方法および試験方法

 

試料の採集方法および試験方法

(1)大気・河川・食品・体液等から得た試料は一般に低濃度なので、より確実に検出するためには、適当な抽出や濃縮が必要になります。それらの具体的方法については、以下の文献を参照して下さい。

ブルーレーヨン法

ブルーコットン法

変異原性試験 方法

上水の変異原性試験

焼却灰(飛灰)の変異原性試験

 

(2)坑変異原性物質試験
坑変異原性物質とは変異原性物質を直接あるいは間接的に失活させたり、また変異原性物質によって生じた当然変異の修復を助ける物質などをいいます。

抗変異原性試験スクリーニング

 

参考文献

A.ブルーコットンによる変異原の吸着

Ⅰ.Hayatu,H.,T.Oka,A.Wakata,Y.Ohara,T.Hayatu,H.KobayasiandS.Arimoto:Absorption
of Mutagens to Cotton Bearing Covalently Bound Trisulfo-Copper-Phthalocyanine,Mutation
Reseach119:233-238(1983)

Ⅱ.早津彦哉:変異原の吸着、トキシコロジーフォーラム、6:242-249(1983)

Ⅲ.早津彦哉:青綿による環境変異原の検索、現代化学、8:26-31(1984)

B.尿中変異原の検出

Ⅰ.Durston,W.E.and B.N.Ames:A Simple Method
for the Detectionof Mutagens in Urine :Studies with the
Carcinogen 2-Acetylaminofluorene,Proc.Nati.Acad.Sci.
USA,71:737-741(1974)

Ⅱ.Commoner B.,A.J.Vithayathil and J.I.Henry:Detection
of Metabolic Carcinogen Intermediates in Urine of Carcinogen-fed
Rats by Means of Bacterial Mutagenesis,Nature,249:850-852(1974)

 

目次へ戻る