溶媒・用法・容量の設定

 

溶媒・用法・容量の設定

溶媒の選択及び使用可能溶媒

  1. 試料が水に溶ける水溶性であれば ①法 を選択してください。
  2. 非水溶性であれば、まず溶媒にDMSOを使用する ②、③、④法 を選択してください。
    DMSO(ジメチルスルフォキシド) 試薬 JIS特級で十分ですので、ご用意ください。
    希釈に使用する10%DMSOは本キットに添付してある構成試薬 7.溶媒 をご利用ください。
  3. DMSOで溶解できない場合は、その他の溶媒を使用してください。
    現在、検討をして使用できる溶媒は下記のごとくです。

《注意事項》
DMSO及びこれらの溶媒は菌株自体に影響を与えるため菌液100μLに対して4μL以下(適量1μL)として下さい。

エタノール、メタノール以外の溶媒はポリスチレン製マイクロプレート面を腐食するため、先に菌液100μLを
Wellに分注した後に、これらの溶媒で溶解した検体を加えて下さい。

目次へ戻る